新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関して 重要・基本的なこと

新型コロナウィルス感染が、人ごみなどで感染してしまう可能性がでてきました。
 ・感染経路は飛沫感染・接触感染
  いわゆる風邪やインフルエンザ、ノロウィルス(接触、糞口感染)などと同様です。
  ただ、インフルエンザよりも感染性が強い可能性も指摘されています。
  
重要なことは
 ・疑わしい場合はいきなり受診せずに、最寄りの保健所(帰国者・接触者相談センター)に電話して対応を聞いて下さい。帰国者・接触者となっていますが、現在はそれ以外の方でも感染する可能性がでてきています。
    不用意に受診すると、持病を持った人たちに待合室でうつしてしまう可能性があります。
    体調不良の場合は学校や仕事を休み、外出を控えることが大切です。

    石川中央保健福祉センター 076-275-2250 24時間対応
     野々市市、白山市、かほく市、津幡町、内灘町の方
    金沢市保健所 076-234-5106  24時間対応     
     金沢市の方
    南加賀保健福祉センター 0761-22-0796 24時間対応
      加賀市、小松市、能美市、川北町
     能登中部保健福祉センター 0767-53-2482 24時間対応
     羽咋市、七尾氏、中能登町、宝達志水町、志賀町
    能登北部保健福祉センター 0768-22-2011 24時間対応
     輪島市、珠洲市、穴水町、能登町
  
 ・手洗い  ウィルスは手につきやすいです。手から目、口、鼻などの粘膜を介して感染します。
     顔や髪をさわる癖のある人は顔や髪についている可能性もあります。
     外出の度、気になる度に洗ってください。
     身体以外の洗えない場所などはアルコール消毒も有効です。
 ・咳エチケット
     マスクをする。顔をそむけてハンカチや袖で鼻や口をおさえる。
     とにかく飛沫を周囲にまき散らさないことが重要です。
 ・人ごみを避ける
     宴会や集会、人が密集しているところでは感染の危険が高まります。
     一部の人で強い感染力をもっている可能性があります。
    
 無症状でも病原体保有者がいることや、軽症の人が多いようです。
 普通の風邪やインフルエンザとの区別が軽症例や初期症状ではつきません。
 風邪やインフルエンザなどは4-5日で峠がきて改善していくことが多いですが、新型コロナウィルスの場合は1週間以上、発熱や呼吸器症状が続くことが多く、強い倦怠感を伴う人が多いです。下痢などの消化器症状や結膜炎を認める人もいるようです。
 高齢の方や糖尿病、心臓、肺、腎臓などの持病のある方、妊婦は重症になることが多く、特に気を付けましょう。
 現状では、軽症、重症とわず、対症療法・支持療法が中心で特別な治療法はありません。