風疹について簡単に説明します。  

※無料の抗体検査・ワクチンについては別ページ  詳細クリック

風疹とは    

風疹ウィルスに感染することで起こる病気です。

 インフルエンザなどの一般的なウィルスと同様で、咳やくしゃみで飛び散ったしぶきの中にいるウィルスを吸い込むことで感染します(飛沫感染)。  罹患者の1-2m以内が警戒範囲です。風疹と同様に時折流行し、問題となる麻疹(はしか)のほうは空気感染でありますが、そこまで感染力は強くありません。

症状   感染して2-3週間は潜伏期で無症状

症状が出現すると、下記のような症状が5日前後ほど続きます。 子供より大人は症状が長引きますが、一度かかると終生免疫を獲得し、二度と風疹にかからなくなります。多くの人が、普通の風邪と同様にしばらくの経過で治癒します。また、普通の風邪と同様にまれに重篤な合併症を生じます。割と早くなおるため三日麻疹(はしか)とも言われています。

 ・体のだるさと発熱

 ・全身の赤い発疹

風疹の特徴的な皮疹

感染する期間

発疹がでる前後2週間くらいが感染の可能性があります。 また、感染していても症状が出ない人が15%ほどおり、その人も周りの人を感染させてしまう可能性もあります。