腹痛は病院を受診する人が訴えている症状でも上位に入ります。

以下のように、よくある病気見逃してはいけない病気に分けて考えることが大事です。
あまり知られてないですが、腹痛の原因がはっきりしないことも、実はよくあります。
そのほとんどは自然と治ってしまうことも多いのも事実です。ただ、下記にあるような心配な病気があるのも事実です。

表にのっている以外にももちろん様々な病気がありますが、
どんな腹痛でも、注目すべきは腹部エコー検査の有用性です。
お腹の症状がある場合、腹部エコーは聴診器をあてるがごとくにさっと使えます。
また、情報量も非常に多く、日常診療においてなくてはならない存在になっています。
魚群探知機・ソナーと同じ原理で、お母さんのお腹の中の赤ちゃんにも使える安全な検査でもあります。
当院でも腹痛はもちろん食欲がないなどお腹の症状では腹部エコーを多く行っています。

重要な問診 身体所見 検査 治療例
急性胃腸炎 下痢、熱、流行状況 全体的な圧痛、腸蠕動亢進 腹部エコー 点滴
胃・十二指腸潰瘍 食事に関連した痛み、黒色便
痛み止め服用
胃のあたりの圧痛、貧血 胃カメラ 胃薬、ピロリ除菌
過敏性腸症候群 ストレスと関連、下痢、便秘
体重減少なし
特異的な所見なし 異常所見無し 個別治療
胆石症 肥満女性、右肩へひびく、食後の痛み 右上腹部の圧痛 腹部エコー、採血 抗菌薬、点滴、手術
虫垂炎 胃のあたりから右下腹部へ痛みが移動 右下腹部の圧痛 腹部エコー、採血 基本的には手術
大腸憩室炎 ピンポイントで痛い場所がある 大腸の憩室部の圧痛 腹部エコー、採血 絶食、抗菌薬、点滴
肋骨痛 体動時の限局した痛み 肋骨に一致した圧痛 胸部レントゲン    (除外目的) 湿布、安静
尿路結石 早朝の腰背部痛 左右どちらかの背部痛 腹部エコー、検尿 痛み止め中心
膀胱炎 排尿時痛、頻尿、残尿感 下腹部に軽度の圧痛 腹部エコー、検尿 抗菌薬内服

重要な問診 身体所見 検査 治療例
心筋梗塞・大動脈解離 突然発症、冷汗 心電図、造影CT、採血 循環器内科
腸管膜動(静)脈血栓症 突然発症、冷汗 不整脈(心房細動) 心電図、造影CT 外科
腸閉塞 排便、排ガスの停止、手術の既往 腹部膨満、鼠径部膨隆 腹部エコー、腹部レントゲン
大腸カメラ大腸閉塞の場合)
絶食、点滴、入院
急性膵炎 飲酒歴、胆石、背部へひびく 上腹部の圧痛 腹部エコー、採血、CT 絶食、点滴、入院
子宮外妊娠、卵巣捻転 突然発症、冷汗 下腹部の圧痛 腹部エコー、妊娠反応 婦人科
腎盂腎炎 発熱、背部痛、嘔吐 背部の叩打痛 検尿、腹部エコー、採血 抗菌薬
さまざまな癌 体重減少、食欲不振 腹部エコー、CT等
胃カメラ大腸カメラ
疾患毎の治療